スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mini1000HL復活へ・・・⑥

フロントのブレーキも右側の内側のキャリパーピストンが固着していました。
一度パットを外して、ピストンを出してからサビを磨いて取り除きラスペネを吹いてピストンを何度も
出し入れして動きがスムースになるまで繰り返しようやくまともになりました。
もし、これでダメならキャリパーを完全にバラしてオーバーホールになってしまいます。
ブレーキディスクはペーパーでサビを取って再使用です。

fc2blog_20161031212048891.jpg

左右のラックブーツもバラバラ・・・・。しかもなぜか中にシャシグリスを入れすぎて、それが経年劣化で
溶け出して油まみれに。。。。
こちらもキレイに清掃してから、国産のラックブーツに交換しました。

fc2blog_2016103121200806f.jpg
fc2blog_20161101113630b6f.jpg


フロントのハブベアリングもサビサビ・・・・。銅ハンマーでトントン叩いてよやく抜けてきました。
その後、一度バラして灯油で洗ってから洗剤で洗って脱脂してからオメガグリスにてオーバーホールしました。
ハブシールはまだ生きていたので、清掃してから再使用しました。

fc2blog_20161031212126d45.jpg
fc2blog_201611011136166eb.jpg
fc2blog_20161102100009350.jpg

テンションロットも曲がっていたので銅ハンマーとMブロックで修正して真っ直ぐにしました。
当然ブッシュも交換、ロアアームブッシュも錆び付き潰れが酷かったので交換しました。
後は、デフサイドオイルシール交換、シフトロッドオイルシールも交換しました。
最後にシャシブラックにて足回り、サブフレームを塗装しました。

fc2blog_20161101113601fb4.jpg

クラッチレリーズも御覧の通りにサビサビでしたので、一度磨いてみましたが状態が悪く深い段差が出来てしまってい為
中古を国産のレリーズキットを使用して組み付けました。
クラッチマスターもペダルから油が滲んでいたのでオーバーホールしました。

fc2blog_20161102095955931.jpg

その他の作業として
タペットカバーパッキン交換、タペット調整、プラグ持ち込み交換、ディスキャップ清掃、ローターアーム清掃
点火時期調整、キャブ調整、トーイン調整、灯火系修理などなどを経てようやく完成になりました。
まだまだやり足りない部分もありますが、とりあえず安心して乗れるまでになりました。

今後は、ロッカーアームの交換や車高調整キットの交換、ラジエターやホース類、バンドの交換、ショックアブソーバーの
交換が必要かと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

46mini

Author:46mini
46社長ブログへようこそ!

カレンダー
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
カレンダー
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
10月8日(日) Oct 05, 2017
garage-46.com Sep 30, 2017
garage-46.com Sep 29, 2017
0541MEETING 動画集 Sep 07, 2017
0451MEETING Sep 05, 2017
最新コメント
リンク
カテゴリ別記事一覧
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。